補助金を利用しよう|タブレットレジを使って運営管理を楽にしよう

補助金制度を使ってタブレットレジを導入する

補助金を利用しよう

タブレット端末

軽減税率に対応しているか

タブレットレジを新しく導入する場合は、軽減税率という制度に対応しているかどうか事前に調べておきましょう。軽減税率とは、一定の条件を満たしている商品を購入するときに決められた税金よりも安い税率で購入することができる制度と言われています。

どんなお店が必要なのか

軽減税率制度は、消費税が8パーセントの商品を取り扱うお店が必要と言われているため、持ち帰り商品を販売しているお店は早めに準備しておきましょう。消費税が8パーセントの商品と10パーセントの商品を扱うお店の場合は、複数の税率制度に対応できるレジを準備する必要があると言われています。

対象条件を調べる

タブレットレジを導入するときに、軽減税率制度に対応しているかどうか確認することも大切ですがレジの導入費用を抑えたいという人は、どんな条件を満たすことで軽減税率補助金制度を利用することができるのか調べておきましょう。対象する事業者の情報について、インターネットで調べることができます。

選んだ理由ランキング

no.1

持ち運びに便利

タブレットレジのメリットは、気軽に持ち運ぶことができるという部分です。そのため、使う場所や置き場所にほとんど困ることがありません。さっと取り出して使いたい人や、気軽に持ち運びたい人から人気を集めています。

no.2

リアルタイムで情報が見れる

今までのレジは、リアルタイムで売り上げ確認をしようとすると手間がかかってしまい不便に感じる人も多く存在しました。しかし、タブレットレジなら、リアルタイムで簡単に売り上げ状況の確認をすることができます。

no.3

機能が充実

多くの人が喜んでいるのが、機能面が充実しているという部分です。タブレットレジは、会計業務以外にもシフト管理、売り上げ管理、商品の在庫管理などを行なうことができるため一つあればいろんな使い方をすることができます。

広告募集中