飲食店に便利な機能|タブレットレジを使って運営管理を楽にしよう

飲食店で使われているタブレットレジの機能

使ってみよう!

タブレットレジを導入したいが、飲食店ではどういった使い方ができるの・・・?と思っている人は一度、同じ飲食店がどのようにして使っているのか調べてみましょう。お店のスタイルに合わせて使い分けることができます。

飲食店に便利な機能

レジスター

予約状況の一括管理

従来なら、お客さんの予約状況を確認するときは予約管理画面を開いたり、予約表を調べたりして確認することが一般的でした。しかしタブレットレジなら一つの画面を開くだけで簡単に確認・新規予約・修正を行なうことができます。

予約がスムーズにできる

今までは、お店の予約を取るときは電話で空席状況を確認して予約しているという方法を使っている人が多く存在しましたがタブレットレジなら、インターネット上にある予約専用のページから簡単に予約を取ることができます。インターネット上で予約したお客さんの情報は、自動的にタブレットレジの予約台帳に反映されるため電話対応時に起きていた予約漏れを防ぐことができます。

自由なレイアウト

タブレットレジはipadを使っているため、お店の座席数に合わせて自由にレイアウトすることができます。そのため、横向きでも縦向きでも対応することができるのです。わざわざ座席確認のために、縮小していたいという人達にとって使いやすくなっています。

顧客管理・メモ機能

顧客が多い飲食店では、お客さんの情報をしっかりと管理しておかなければいけません。タブレットレジは、お客さんの情報管理以外にも、スタッフ同士で共有し合う情報をメモしたり、集計したりすることができるため様々な方法で活用することができます。

広告募集中